[遊戯王LotD] デッキレシピ サブテラー(中級者向け)「導師ビート導師抜き」

デッキレシピ

 導師ビート?俺の出番か‥

あなたは未収録です(^q^)

 

注)この記事はアプデ前に書かれたものです。

デッキレシピ

導師ビート導師抜き

メインデッキ(40枚)

モンスター(20枚)
エフェクト・ヴェーラー 1
サブテラーの射手 3
サブテラーの戦士 3
サブテラーの妖魔 3
サブテラーマリス・リグリアード 2
灰流うらら 2
浮幽さくら 2
屋敷わらし 2
百万喰らいのグラットン 2
魔法(10枚)
熱き決闘者たち 3
強欲で謙虚な壺 3
地中海シャンバラ 3
テラ・フォーミング 1
罠(10枚)
神の警告 1
神の宣告 1
砂塵の大嵐 2
サブテラーの決戦 3
センサー万別 3

注)枚数枠の赤は制限カード、オレンジは準制限カードです

 

エクストラデッキ(15枚)

キメラテック・ランページ・ドラゴン 1
墓守の異能者 1
M・HEROダーク・ロウ 1
雷神龍-サンダー・ドラゴン 1
竜騎士ブラック・マジシャン 1
PSYフレームロード・Ω 1
星輝士トライヴェール 1
餅カエル 1
ヴァレルソード・ドラゴン 1
オルターガイスト・ヘクスティア 1
空牙団の大義 フォルゴ 1
SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス 1
閃刀姫-シズク 1
トロイメア・フェニックス 1
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム 1

(3月27日追記:

アプデ後はサブテラーの導師が収録されています。

OCGでの導師ビートがほぼそのまま組めると思うので、そちらを参考にしてください。

導師は新規のVRAINSパック「リボルバー」に収録されています。)

  • 関連記事
[遊戯王LotD] VRAINSパック「リボルバー」収録内容
...

カードの入手先

「サブテラー」カードはZEXAL「キャシー」パック、ARC-Vチャレンジ「エド・フェニックス」から入手できます。

注)チャレンジでは「サブテラーの妖魔」を入手できないので、パックを開けることをおすすめします。

  • 関連記事 リンク先の記事の1番
[遊戯王LotD] チャレンジARC-V デッキレシピ一覧
...

その他の主要カードの主な入手先

  • 灰流うらら → 5D’s「龍亞/龍可」パック、ARC-Vチャレンジ「エンジョイ長次郎」、ARC-Vチャレンジ「ユーリ」、ARC-Vチャレンジ「黒咲瑠璃」
  • 浮幽さくら → 5D’s「龍亞/龍可」パック、ARC-Vチャレンジ「エンジョイ長次郎」
  • 屋敷わらし → 5D’s「龍亞/龍可」パック
  • 百万喰らいのグラットン → ZEXAL「天城カイト」パック
  • 熱き決闘者たち → DM「海馬瀬人」パック
  • 強欲で謙虚な壺 → DM「武藤双六」パック、DMチャレンジ「レアハンター」
  • センサー万別 → DM「武藤双六」パック

難易度

  • 強欲で謙虚な壺でどのカードを持ってくるか
  • 熱き決闘者たちでどのカードを回収するか、あるいは回収せずにドローするか
  • ターン1の妖魔をどこに打つか

など状況に応じた適切な選択を迫られることが多いです。

環境に応じたさくら枠のエクストラのカスタマイズも必要になります。

このデッキの回し方どうこうよりも、いかにその他のデッキを把握しているかに勝率が大きく影響されるデッキです。

回し方自体は比較的シンプルです。

エクストラのカードも必須というものはなく、代用したり、集まってから適宜入れればいいのでカード集めは比較的楽かと思います。

総合して難易度は「中級者向け」としました。

デッキ解説

こちらが遊戯王LotDで、自分が組んで使っていたサブテラーのデッキになります。

名付けて「導師ビート導師抜き」

 

自分の作ったデッキの中ではかなりのお気に入りで、オンライン対戦での勝率も高かったです。

何よりも、回すのに面倒なソリティアをしなくて良く、ターンをすぐ渡せる所が、自分にとっても対戦相手にとっても良いです。

このゲーム、相手ターンの待ち時間が長い所が欠点で、逆に自分のターンは少し手間取っていると時間切れで負けたりしますからね‥。

サブテラーはリバーステーマ

サブテラーはリバーステーマです。リバース(モンスターの裏側表示が表側表示になる)する効果を上手く使って戦っていきます。

 

サブテラーのモンスターは大きく分けて2種類がいます。

  1. 下級サブテラー (レベル4以下全て)
  2. 上級サブテラーマリス (レベル5以上全て)

の2つです。

 

上級サブテラーマリスは全てリバースした時に発動する効果を持っています。

また、1ターンに1度自身を裏側表示にする効果を持っています。

そのため、上級サブテラーマリスのカード単体で表→裏→表→裏と表示形式の変更が可能で、リバースした時の効果を何度も使うことができます。

このようなモンスターを遊戯王ではサイクルリバースモンスターと言います。

上級サブテラーマリスはこれに当てはまります。

 

下級サブテラーは、自身はリバースした時に発動する効果は持っていません(サブテラーの導師を除く)。

その代わり、リバースに関連した効果を持っていることが多いです。

これらの下級サブテラーで上級サブテラーマリスをサポートしていくのが、サブテラーデッキの本来の動きです。

 

リバーステーマの強みとしては、裏側表示で場に残ることが多いため表側表示のモンスターを指定している効果に対して強いことが挙げられます。

具体的には

  • 「効果を無効にする」効果
  • 除去効果

の2つがあります。

この2つは、表側表示のモンスターに対してしか打てないものが多いです。

 

相手に裏側表示のモンスターを除去する手段がなかった場合、メインフェイズではこちらのモンスターを処理できず、バトルフェイズでの戦闘破壊を狙ってくることになります。

ダメージ計算の際にこちらのモンスターが表側表示になるため、この時に上級サブテラーマリスのリバースした時の効果を発動することができます。

これはダメージステップでの発動になるため、この時にも「効果を無効にする」効果をチェーンされる心配がありません。

 

  • 関連記事 ダメージステップについて解説した記事
[遊戯王LotD] デッキレシピ 真竜(初心者向け)「教えて真竜先生」
...
サブテラーは多種族テーマ

サブテラーの世界観のイメージとしては

  • 地下世界に探検に向かった下級サブテラーの一行
  • その地下世界で遭遇した凶暴なモンスター群の上級サブテラーマリス

のような感じになっています。

サブテラーの魔法・罠には下級サブテラーの一行と上級サブテラーマリスが戦っているものが多く見られます。

 

下級サブテラーは戦士、アーチャー、魔法使いとRPGのパーティのようになっており、種族がばらけています

 

魔王倒しに行くぜ

(戦士族) (天使族) (魔法使い族)

(獣戦士族)

オレは?

お前倉庫番

えー‥

倉庫番ナメんな

あの伝説のトルネコさんの職業やぞ

 

そして刀匠は伝説へ‥

 

参考:ほとんど採用されない下級サブテラー

 

話を戻します。

下級サブテラーと同じように、上級サブテラーマリスも様々なモンスターがいるため種族がばらけています。

そのため、サブテラーは多種族テーマになっています。

 

多種族テーマであることの強みとしては、後にも紹介するセンサー万別を使えることが非常に大きいです。

OCGでのサブテラー

OCGでのサブテラーデッキには、大きく2つのデッキタイプがあります。

  1. 純サブテラー(上級サブテラーマリスがメイン)
  2. 導師ビート(サブテラーの導師がメイン)

の2つです。

 

純サブテラーの方が本来のサブテラーデッキの形です。

ところが、のちに登場したサブテラーの導師というカードが非常に強力なものでした。

そのため、サブテラーの採用モンスターをこのサブテラーの導師とサブテラーの妖魔のほとんど2つだけに絞り、残りを全て手札誘発と罠の汎用妨害札で固めた導師ビートと呼ばれる形が生まれました。

こちらの導師ビートと呼ばれる形の方が、OCGでは環境デッキに入っています。

 

強いよ

 

サブテラーの導師はリバース時に好きなサブテラーをサーチできます。

このように、サブテラーの導師は下級サブテラー(人間よりで小さい)でありながら、上級サブテラーマリス(怪物よりで大きい)に特有のリバース効果を持っています。

これはもしかして、サブテラーの導師は「下級サブテラーに上級サブテラーマリスの遺伝子的なものを埋め込んだ実験体」のような位置付けのキャラだったりするのではないでしょうか!

(そりゃ強いわ)

 

こう考えると「サブテラーの継承」の意味も少し怖くなってきますね‥。

注)完全にさくやんの想像(妄想)です。公式設定ではありません。

 

このゲームだと、サブテラーの導師ビートのメインであるサブテラーの導師が未収録になっています。(アプデ前)

そのため、このゲームでは導師ビートは組むことができず、サブテラーを組む場合は必然的に純サブテラーの形になります。

 

純サブテラーは導師ビートと比べるとあまり強くありません。

そこで、なんとか導師ビートに近い形を、このカードプールで再現できないかなーと、工夫した結果できたのがこのデッキです。

基本の動き

先程も少し出てきたサブテラーの妖魔がこのデッキのキーカードです。

サブテラーの妖魔は、相手の魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にすることができます。

 

この効果を使うためには

  1. 場に表側表示のサブテラーモンスター
  2. 手札にサブテラーの妖魔

2つをそろえる必要があります。

(妖魔は場からも効果を使えますが、基本的に手札から使います)

 

「サブテラーの妖魔」2の効果

  • 相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。その発動を無効にする。その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。

少しややこしい書き方をしていますが、要するに場に裏側表示にできるサブテラーがいれば相手の効果の発動を無効にできるということです。

 

つまり、場に表側表示のサブテラーが必要ということです。

これを1番手っ取り早く用意するために、通常召喚できる下級サブテラーであるサブテラーの戦士サブテラーの射手の2種類を各3枚ずつ採用しています。

 

サブテラーの戦士は、場のこのカードともう1体をリリースして、その合計レベル以下のサブテラーをデッキから墓地に送り、墓地から特殊召喚します。

 

サブテラーの射手は、破壊された場合にサブテラーをデッキから特殊召喚できます。

 

これらの

  1. 手札から使うサブテラーの妖魔
  2. 場に表側表示で通常召喚する下級サブテラー

2つをそろえるためのカードとして

 

  • 地中海シャンバラ
  • 強欲で謙虚な壺

が採用されています。

 

地中海シャンバラは、発動時に好きなサブテラーをサーチできます。

 

 

強欲で謙虚な壺は、3枚めくった内の好きなカードを手札に加えられます

 

これらの効果を使い、先程の

  1. 手札から使うサブテラーの妖魔
  2. 場に表側表示で通常召喚する下級サブテラー

のうち、足りないほうを手札に持ってきます。

 

また地中海シャンバラは、場に裏側表示のサブテラーがいれば攻撃を1回無効にすることができます。

 

そのため、このデッキの基本的な動きは

  1. 地中海シャンバラや強欲で謙虚な壺を使い、下級サブテラーと妖魔の2つをそろえる
  2. 下級サブテラーを表側表示で通常召喚
  3. (相手ターンに移る)
  4. 妖魔を使い、相手の効果を1回無効(この時に、下級は裏になる)
  5. 裏のサブテラーがいるので、シャンバラで攻撃も1回無効

のような流れになります。

 

このデッキの強みとして、展開をしないので相手の手札誘発に対して強いことが挙げられます。

召喚して効果発動といったことは、基本的にしません。ただ下級を召喚だけして、手札に妖魔を構えている状況になります。

うららに関しては準制限で2枚しか入れられないので、打たれたら仕方ないと思うしかないですが、ヴェーラー無限抱擁は3枚ずつで最大6枚入れることができます。

召喚して効果発動は、ほとんどのデッキで基本になる動きですが、止められやすいです

 

 

 

上級サブテラーマリスはリグリアードのみの採用です。

最終的にはこのリグリアードを出すことを目標にします。

リグリアードはリバース時に、相手モンスター1体を除外することができます。

このカードは自分の場のモンスターが全て裏側表示になった時に、手札から特殊召喚できます。

 

このカードを出すための手段として

  1. サブテラーの妖魔で場のサブテラーを裏にした時などに、リグリアード自身の効果で手札から特殊召喚
  2. サブテラーの戦士の効果を使い、デッキから墓地に送り墓地から特殊召喚
  3. サブテラーの射手の破壊された場合の効果で、デッキから特殊召喚

の3つがあります。

 

手札誘発の有効活用

このデッキの特徴に、熱き決闘者たちを採用していることがあります。

このカード、サブテラーとのシナジーが凄まじいです。

このカードをサブテラーに活用している構築は見たことがないので、さくやんオリジナルな部分かと思います。

 

このカードを使って、手札誘発モンスターを再利用したり多用途にも活用することをこのデッキの個性としています。

このゲームでは、増殖するG禁止やドローソースの厳しい規制の影響で、OCG環境ほど大量には手札誘発を採用しづらくなっているかと思います。

  • 関連記事 OCGとの違い
[遊戯王LotD] OCGとの違い
...

 

そのような背景がありますが、このデッキでは熱き決闘者たちで活用できるため、手札誘発モンスターを多めに採用しています。

 

「熱き決闘者たち」1の効果

  • 自分のモンスターの攻撃宣言時に、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その攻撃を無効にし、対象のカードを破壊する。

まず1の効果です。

サブテラーはテーマ内での魔法罠除去が弱く、サブテラーマリス・アクエドリアしかいません。アクエドリアは、癖が強くて使いづらく、ステータスも攻撃力1400と低いためこのデッキには採用していません。

サブテラーに足りない魔法罠除去を補ってくれるのは、かなりありがたいです。

序盤は基本的に、ダメージを取ることよりも除去の効果を優先して、ボードアドバンテージを取っていきます。

 

「熱き決闘者たち」2の効果

  • このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、お互いに1ターン1枚しか魔法・罠カードを手札からセットできず、エクストラから特殊召喚されたモンスターはそのターンには攻撃できない。

そして2の効果ですが、もともとサブテラー自体がエクストラデッキをほとんど使いません。

そのため、「エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターはそのターンには攻撃できない」は、自分には影響がなく相手だけ制限させることができます。

サブテラーは低速のデッキなので、テンポを遅くしたい

お互いのセットカードの制限は、本来の導師ビートであれば、もっと罠を積むので噛み合わないのですが、この構築では罠を少なめにして、その分手札誘発やロックカードを入れています。

羽箒がない関係で、罠が強い環境なのでセットの制限は強いです。

一枚しか伏せがないのであれば、3の効果と合わせて毎ターン妖魔で無効化できます。妖魔はターン1なので相性がいいです。

 

「熱き決闘者たち」3の効果

  • 自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。このターン通常のドローを行う代わりに、自分の墓地のモンスター1体を選んで手札に加える。

最後に3の効果。

この効果、自発的に墓地に行けるモンスターである手札誘発と相性がいいんですよね。うららの使い回しとか相手からするとかなり嫌だと思います。

そしてサブテラーが、テーマ内に妖魔という万能カウンターができる手札誘発を抱えているという。

ただドローができなくなるので、この効果を使っているとゲームが停滞することや、ジリ貧になることもあります。

このデッキでは、サーチができない熱き決闘者たちとセンサー万別の2つのロックカードをキーカードにしています。絶対に引き込みたいので事故覚悟でそれぞれ3積みしています。

シャンバラや決戦も含めて、ある程度永続系のキーカードが場に揃った後であれば、下手にドローしてもダブりを引く可能性も高いです。そのような状況では、墓地の誘発を回収して確実に妨害を構えられる動きは強いです。

また手札誘発以外のモンスターが少なめな構築なので、使い回せるのは単純にありがたい。

 

多めに入れた手札誘発がダブついた場合でも、1の効果を使うための頭数の魔法罠除去要因にできるのが素晴らしい。

攻撃力0でも攻撃表示で召喚して攻撃します。

そして手札誘発の妖怪少女シリーズ(うららとかわらしとか)はレベルが3なので、それらとサブテラーの戦士と合わせてリグリアードになれるんですよね。

一切無駄がない

複数の役割を持たせられるのは強い

 

エクストラを使わない強み

グラットン浮幽さくらを入れて、エクストラを使わない強みをフルに活かしています。

自分にもデメリットや制約がかかるカードは、その分カードパワーも高いですからね。

 

グラットンを使うなら、このデッキのように一切エクストラを使わないデッキの方が、召喚のコストとして除外するカードを選ぶ時のストレスが少なくて良いです。

あれ処理が長くなりがちで面倒臭いんですよね‥。

グラットンは対象を取らない裏側除外ができるのでほぼどんな相手でも除去できます。

やたら数の多いカオスMAXを突破できます。

(カオスMAXに関してはこれか決戦リグリアードで突破するしかない)

 

エクストラは全てさくら枠です。

展開をしないので、さくらを使える状況は多いです。

さくらで遊戯王LotDでの主流デッキ、強いデッキをメタっています。

ここに関しては環境に合わせて要調整です。

メタ範囲から外れていて刺さっていない相手でも、最悪トロイメアフェニックスを飛ばして、ロックカードを除去されづらくします。

エクストラ枠の採用理由についても軽くですが解説します。

サンダードラゴンの枠が超雷龍ではなく雷神龍な理由を説明します。

超雷龍をさくらで除外した場合、雷龍融合で雷神龍を召喚するコストとして、3枚一気にデッキに戻されてしまうからです。

雷神龍を飛ばしてしまえば、雷龍融合で超雷龍を召喚するコストにするにしても雷獣龍の効果を使うにしても、1枚ずつしか戻せません。

空牙団は環境ではありませんが、サブテラーと同じく多種族テーマでセンサー万別が効かないので、優先してさくら枠にフォルゴを入れました。

墓守の異能者とダークロウも、このデッキには刺さっているため優先して採用しました。

 

センサー万別が強すぎる

そしてセンサー万別が強すぎる

このセンサー万別が発動されていると、場に同じ種族のモンスターを2体以上並べられなくなります。

また、すでに並んでいる時に発動した場合、1体になるように除去することができます。

サブテラーは多種族テーマなため、影響があまりありません。

今の主流デッキのほとんどが種族統一テーマなんですよね。

環境トップのオルターガイスト、サンダードラゴンはもちろん、やたら数の多いアンデットやサイバードラゴン辺りはこれ1枚で完封できたりします。

これに対する除去を妖魔や神の宣告で優先的に守ります。

 

こちらが展開をしないので、相手にも展開をさせないことが重要になってきます。

センサー万別で大量展開を防ぎ、熱き決闘者で罠ガン伏せを防ぎます。

もちろん先行で立てるのが一番強いですが、どちらも後攻でのまくりにも使えます。

 

 

トルネコ:ドラクエ4出身のキャラ。スピンオフの不思議のダンジョンシリーズが有名で、名作として語り継がれている

(不思議のダンジョンって倉庫でアイテム整理してる時間も長いから、端からは倉庫番に見えても不思議でないよね。倉庫にいない時は、ダンジョンにもぐってる訳だし。サブテラーの世界でトルネコが伝説として語り継がれていたら面白いね☆)

 

 

 

コメント

  1. […] [遊戯王LotD] デッキレシピ 墓守(初心者向け)…sakuyanblog.com2020.03.01 [遊戯王LotD] デッキレシピ 魔術師(上級者向け)「レスラー入り純魔術師」…sakuyanblog.com2020.02.23 [遊戯王LotD] デッキレシピ ガエルバジェ(中級者向け)…sakuyanblog.com2020.03.01 [遊戯王LotD] デッキレシピ サブテラー(中級者向け)「導師ビート導師抜… […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました