[遊戯王LotD] 新ルールに伴って処理が変更されるようです

OCGの4月制限の感想

3月15日にOCGでの4月からの新制限が発表されたみたいですね。

(ちょっと他でゴタゴタしていて、確認が遅くなりました)

遊戯王LotDには適用されませんが、一応感想を少し書きたいと思います。

TCGでの4月の制限改定は今の所(3月19日現在)まだ発表されていないようなので、発表され次第また記事にしたいと思います。

(こちらもこのゲームには適応されませんが)

 

今回のOCGでの新制限についての感想です。

全体を見た感じだと、TCGでは元々規制されていたり、1月に規制されたものをOCGで後追いしてきたものが多いように思いました。

 

後はやっぱり「TCGでは禁止になっているカードも、OCGでは制限止まりなことが多いなー」と思いました。

(そのカードを持っているプレイヤーへの配慮でしょうか)

 

TCGではがっつり規制が入っている閃刀姫への規制もありませんでしたね。

(こちらもやはり、人気テーマへの配慮でしょうか)

その割に、巫女イブはTCGと同じく禁止にしていました。

同じ人気の美少女カードですが、閃刀姫が新ルールで逆風なのに対して、こちらは追い風なことの違いが出たのでしょう。

 

今回規制が入ったカードで、このゲームで無制限に使えるカードに

  • 簡易融合

があります。

 

今でも十分に強く、よく使われているカードです。

  • サウザンド・アイズ・サクリファイスで破壊でないモンスター除去

  • ミレニアム・アイズ・サクリファイスで展開前の誘発などのケア

  • 各レベル・種族・属性の融合モンスターで各召喚法に使う素材の確保

と1枚で多用途に使える便利なカードです。

アプデ後の新ルールでは、融合をメインモンスターゾーンに出せるため、より使い勝手が良くなります。

アプデ後の遊戯王LotDでは、このカードがかなり流行るのではないでしょうか。

 

新ルールに伴う処理の変更

4月からの新制限に加えて、4月からの新ルールに伴う処理の変更も発表されました。

(裁定の変更とも言います)

アプデ後の遊戯王LotDは「新ルール対応」になっているため、新ルールに伴うこちらの処理の変更も適用されると予想されます。

正式な発表があったわけではないので、アプデ後に確認する必要があります。

(PS4, Xbox One, Steam版含む)

 

処理の変更の内容については、公式サイトで見れます。

  • 外部リンク 遊戯王公式の該当ページ 処理内容の変更
遊戯王OCG デュエルモンスターズ
遊戯王OCG デュエルモンスターズ 公式サイト

 

デッキへのバウンスに関する処理の変更

公式サイトでの書き方

”デッキに戻った、または、エクストラデッキに裏側表示で戻ったことによる、モンスター効果の発動について”

  • 長いので別記事にしました
[遊戯王LotD] デッキへのバウンスに関する処理の変更
...
効果を発動する場所が重要になる変更

公式サイトでの書き方

”効果の発動前に、発動する場所に存在しなくなったカードの効果の発動について”

  • 長いので別記事にしました
[遊戯王LotD] 効果を発動する場所が重要になる変更
...
召喚が無効になれば誓約も無効になる変更

公式サイトでの書き方

”カードの効果を『発動するターン』に影響する、モンスターの召喚・特殊召喚について”

ターン1の特殊召喚が無効になればもう1度できる変更

公式サイトでの書き方

”『1ターンに1度しか特殊召喚できない』モンスターの特殊召喚について”

罠モンスターは魔法・罠ゾーンとの関係が切れる変更

公式サイトでの書き方

”発動後、モンスターゾーンに特殊召喚される効果を持つ永続罠カードについて”

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました