[遊戯王LotD] おすすめ攻略ルート(初心者向け)

 

 

アマゾネスもおすすめ

初心者のストーリー攻略用に「剛鬼」デッキと「禁止入りエクゾディア」デッキがよくおすすめされているかと思います。

また、最初に開けるパックにはDM「武藤双六」パックとVRAINS「Playmaker」パックがおすすめされているかと思います。

 

さくやんもこの意見にはおおむね同意なのですが、自分の場合は「剛鬼」デッキではなく「アマゾネス」デッキで主にストーリーを進めていました。

 

 

さくやんは、「古いものから順を追って把握していきたい」と考えたので、始めに初代DMのストーリーから進めていました。初代DMのストーリーがひと通り終わるまでは、VRAINS含む他のストーリーには手をつけなかったので、「剛鬼」デッキのことは知りませんでした

 

パックの方は、始めに「武藤双六」パックを開けてある程度そろえた後は、おすすめされていた「Playmaker」パックも少し開けてみました。遊戯王を離れて長かったさくやんには、リンクモンスターはなんだか難しく見えました。そのため、「武藤双六」パックの次はその隣の「孔雀舞」パックを開けていました。

(このキツそうなお姉さん)

 

その「孔雀舞」パックで出てきた「アマゾネス」が思いのほか強くて、そのままその「アマゾネス」デッキをメインに残りのストーリーを進めていました。

  • 「孔雀舞」パックで取れる汎用有用カード → 精神操作、フォッシル・ダイナ パキケファロ

(これらが早めに欲しいかどうかで、アマゾネスを作るか決めてしまってもいいです)

(アマゾネスカードは、GXストーリー、チャレンジ「タニア」でも入手できますが、キーカードの「アマゾネスの強襲」が入っていないためパックを開ける必要があります。レア枠の「アマゾネス女王」だけはこちらで数枚入手してもいいかもしれません。)

 

「アマゾネス」デッキは動きがシンプルで強いので、他の初心者にもおすすめできるデッキかと思います。

おすすめできる理由としては他にも

  1. 戦士族テーマなので「剛鬼」と戦士族サポートカードを共有できるから
  2. 1番早い段階で作れる「対象を取らない破壊以外の除去」ができるデッキだから

の2つがあります。

 

「剛鬼」と共有できる戦士族サポートカードに、例えば

  • 増援

 

  • 聖騎士の追想 イゾルデ

 

があります。

対象を取らない除外

アマゾネスデッキは、永続罠のアマゾネスの強襲で戦闘を介した「対象を取らない除外」を行うことができます。

 

「対象を取らない破壊以外の除去」であるため、ほとんどのモンスターの耐性をすり抜けて除去することができます。

そのためアマゾネスデッキは、相手モンスターの耐性を気にせずに思考停止して攻めることができます。このことは、ストーリーを進めていく上で非常に楽です。

 

ストーリーで耐性持ちのモンスターを使ってくる相手の例に、5D’s終盤に出てくる「ゾーン」がいます。

(この怪しい宗教の教祖みたいな人)

 

 

「ゾーン」は「時械神」を使ってきます。「時械神」には全て戦闘・効果破壊耐性がついています。

 

またエクシーズが登場するZEXALのストーリー以降は

  • ガチガチガンテツ

  • 発条機雷ゼンマイン

  • No.101 S・H・Ark Knight

この辺りの破壊耐性持ちを使ってくる相手が多くて、ちょっと面倒くさかった記憶があります。

アマゾネスデッキであれば、アマゾネスの強襲さえ発動しておけば、相手モンスターのテキストを読む必要すらなくただ攻撃するだけで除去することができます。

 

これらの耐性持ちモンスター以外にも、遊戯王には「破壊された時」、「墓地に送られた時」に効果を発動するモンスターが多く存在します。

代表的なものに、リクルーターと呼ばれる戦闘破壊された時にモンスターをデッキから特殊召喚するモンスター群がいます。

 

これらのリクルーターは、ランクマッチまでいくと採用率が下がりますが、ストーリーのデッキには非常に多く採用されています。

まともに相手にしていると、次から次へと後続を呼ばれてキリがないです。

 

これらのモンスターを出された際は、一般的にはエクストラデッキの破壊以外の除去ができるモンスターを出して対処します。

(例:カステル、トロイメア・ユニコーンなど。先程のNo.101 S・H・Ark Knightもそうです。)

カードの集まっていない序盤だと、エクストラに十分なモンスターを用意することが難しいかと思います。(カステルは最初から1枚あります)

 

アマゾネスデッキであれば、メインギミック内で「破壊」でない「除外」を行うことができ、これらの「破壊耐性」や「破壊された場合に発動する効果」をすり抜けることができます。

ランクマッチにもそのまま使える

対象を取らない」という要素も、ランクマッチまでいくと重要になってきます。

ストーリーのデッキには「対象耐性」持ちまでは、流石にほとんどいなかったと思いますが、ランクマッチにはカオスMAXが非常に多いです

(アプデ前の話です。アプデ後は超雷龍禁止でサンダードラゴンが環境から消えるので、海馬パック開封の優先度が下がって少し減るとは思います。海馬パックでサンダードラゴン、ブルーアイズが入手できます。)

 

このカオスMAXは、強固な耐性を持つモンスターの代表とも言えるもので、「効果破壊耐性」と「対象耐性」を持っています。攻撃力も4000あり、戦闘破壊も困難です。

個人的には、このカードへの対処法をデッキに入れておくことは、ランクマッチに進む上での最低限の準備かなと思います。

アマゾネスデッキは、メインギミック内でこのカオスMAXを突破することができます。

そのため、ランクマッチにもそのまま使えるデッキとして、おすすめしています。

 

カオスMAXへの対処法として、代表的なものに

  • 問答無用でリリースする壊獣

 

  • 攻撃力5000で殴り倒すライトニング

 

  • 攻撃を介した裏側除外ができるグラットン

などがありますが、これらはいずれもパックでしか入手できず(壊獣を除く)、普通に進めた場合入手が結構先になってしまうかなと思います。

アマゾネスデッキなら早い段階で作ることができます。

 

これら以外にもリンクモンスターだと

  • 選んで墓地に送る星杯戦士ニンギルス

 

  • 戦闘を介してコントール奪取するヴァレルロード・ドラゴン

があります。

(ヴァレルロードは自身にもモンスター効果への対象耐性があります)

 

剛鬼デッキの場合は、後からこれらをエクストラに入れたらいいかと思います。

これらのリンクモンスターは、VRAINS「Playmaker」パックで入手できます。

初心者の方はついでに覚えてしまうといいですが、テキストに「選んで」と書いてあるものは対象を取りません。また、「墓地に送る」も「破壊」とは違います

自分も最初、よく分かっていませんでした。

 

ストーリー攻略だけを考えるなら、エクゾディアデッキも相手のデッキの内容を気にせず特殊勝利を狙えるので向いているとは思います。

ただ、同じデッキだけずっと使っているとやはり飽きてきます

また、エクゾディアは禁止カードを大量に入れるので、そのままランクマッチで使うことはできず、使う場合は大幅に構築を変える必要があります。

ランクマッチにそのまま使えるデッキを、ストーリー攻略の段階で使って回し方に慣れておくのも無駄がなくていいかと思います。

 

そのため自分は

  1. メイン「アマゾネス」
  2. サブ「エクゾディア」
  3. 他のデッキも気分に応じて

みたいな感じで主にストーリーを進めていました。

 

参考に

  • 壊獣→ARC-V「赤馬零児」パック、GXチャレンジ「鮫島」
  • ライトニング→ZEXAL「九十九遊馬」パック
  • グラットン→ZEXAL「天上カイト」パック

パックの開放される順

左から順に開放されます

  • DM

  • GX

  • 5Ds

  • ZEXAL

  • ARC-V

  • VRAINS

さくやんは色々ギブアップしました

ここまで読んだ方はもう気付いたと思いますが、自分の場合はストーリー攻略はほとんど自分のデッキで進めていました。ストーリーで用意されたデッキも、最初は使ってみたりしていたのですが、途中でギブアップしました

というのも、あまりきちんとバランス調整されていないからです。

用意されたデッキが弱すぎて、難易度が極端に上がっている回も多いです。このことは、表側のストーリーを進めた後に選べるリバースデュエルで特に顕著です。また、そもそものデッキ構築も結構いい加減な気がします。

そのため自分は、「ストーリーは自分の作ったデッキの練習の場」と割り切って進めていました。

 

テキストについても、今までのシリーズのアニメを見ていない自分は、ストーリーを把握したかったので、始めはきちんと読んでいました。

こちらも途中でギブアップして、後は全部飛ばしてました

このゲームは海外開発なので、おそらく英語などで書かれた原文を遊戯王にあまり詳しくない人が翻訳したとかで、テキストがぎこちなくなっているのかと思います。

DM、GX、5Ds辺りまでは、まだなんとなくは理解できたのですが、ZEXAL、ARC-Vに関しては独自の専門用語とか、ファンタジーな中二病要素が増えすぎて意味不明でした。

(アニメを見て、大筋を理解している人はまた違うかと思います)

 

全体としてあまりできのいいシングルモードとは言えないので、自分のようにストーリー攻略はこだわらずにさっさと終わらせて、早めにランクマッチに行くのもいいかと思います。

ポイントは計画的に

パックの開封は慎重に行ったほうがいいです。

ポイント集めの作業が大変で挫折している方が多いと思うので、ポイントはできるだけ使わずに貯めるようにして、ポイントの利用は計画的に行いましょう。

ストーリーの過程でもらえるカードも多いので、下手にパックを開けるよりはさっさとストーリーを全て終わらせてしまった方がいいです。

 

チャレンジで取れるものは、基本的にチャレンジを優先します。チャレンジでカードを集める過程でポイントも貯まるので一石二鳥です。

パックを開ける前に、目当てのカードがチャレンジで取れないか確認しましょう。自分の場合も、特定のカード1枚だけを目当てに、他は使う予定がないカードが大量に入っているパックを開け続け、後から「このチャレンジで取れたのか‥」となったことが何度かありました。

 

パックの開封で同じカードを3枚当てるというのは結構大変で、運に大きく影響されます。最悪の場合、そのパックを全て集め切るまで、3枚そろわないことも有り得ます。

先にチャレンジで1~2枚回収して、残り1~2枚を当てるだけで済むなら、比較的楽かと思います。

 

巷で効率的なポイント稼ぎとされている、サレンダーを繰り返すやり方ですが、さくやんの場合はあまりやっていませんでした(苦痛なので)。

「今日はこのシリーズのチャレンジを1周回ろうかな」みたいな感じで、色んなデッキで色んな相手と対戦して、飽きないようにコツコツとカードもポイントも集めていました

ランクマッチで通用する強いデッキを作れるようになってからは、ほとんどランクマッチばかりでした。ランクマッチの対戦でもポイントもらえるんですよね。サレンダーマラソンだと30分でも苦痛ですが、ランクマッチなら楽しくて数時間でも苦にならないので、気付いたら結構ポイントも貯まっていたりして、その後はそこまでポイントには困らなかったように思います。

チャレンジ デッキレシピ一覧

カード集めの際に、こちらのデッキレシピ一覧を役立てて下さい。

  • DM
[遊戯王LotD] チャレンジDM デッキレシピ一覧
...
  • GX
[遊戯王LotD] チャレンジGX デッキレシピ一覧
...
  • ARC-V
[遊戯王LotD] チャレンジARC-V デッキレシピ一覧
...
  • VRAINS
[遊戯王LotD] チャレンジVRAINS デッキレシピ一覧
...

DM→ARC-Vの順がおすすめ

前述したように、自分はDMから進めていました。

他でおすすめされている剛鬼がどんなものなのか、試しに自分も新しくユーザーを作って初期状態でいきなりVRAINSに進んでみたのですが、これ鬼塚に勝つの結構大変じゃないですか?

ストーリーで用意されたデッキにしろ、初期カードのみでデッキ組むにしろ大変な気が‥。

 

ちなみに自分が初期カードのみで作ったデッキで鬼塚に挑んだ動画がこちら。

 

レベル4中心にして、融合の初期デッキとエクシーズの初期デッキを混ぜた感じで作ってみました。

剛鬼は墓地に送ると後続が続いてキリがないので、初期カードで破壊以外の除去ができるもの中心で組んでます(使いづらいのばかり‥)。

始祖竜ワイアームが強いですね。

(相手のデッキに突破できるカードないのでは‥)

 

動画見て分かる通り、結構時間がかかってしまうので、効率よくカード集める場合はサレンダーマラソンすることになりますね‥。

そのため、最初から剛鬼デッキで行く人は鬼塚に40回土下座をして作ることになります。実際にやってみましたが、最低でも30分はかかると思います。30分だけ我慢すればいいので無理ではないですが、ゲーム初めていきなりこれは心折れるのでは‥。

 

土下座が嫌な人は、初期カードでデッキを適当に作って、DMのストーリーから進めたらいいかと思います。鬼塚はカード集まって強いデッキ組んでから挑んでもいいですし、剛鬼カードは「Playmaker」パックでも入手できます。

 

アマゾネスなら鬼塚も割りと楽勝かと思います。

 

入手できるカードについては

  • DMのパック、チャレンジに基本的なカード
  • ARC-Vのパック、チャレンジにランクマッチでも使える有用なカード

が多く含まれています。

 

特にARC-Vチャレンジは宝の山で、ここをひと通り回収することでパック開封のポイントを大分節約できるかと思います。

他は後回しにして、この2つのストーリーを先にひと通り全て終わらせて、パックとチャレンジを全開放してしまうのがいいかと思います。

 

DMをおすすめしている理由としては

  1. ストーリーで初期の強力な禁止・制限カードを入手できるから
  2. 神の宣告を入手できるから
  3. 簡単ですぐ終わるから

の3つがあります。

 

初心者の方などで、ストーリー攻略に手間取っている人は禁止・制限を無視してここで手に入る初期の強力な禁止・制限カードをデッキにを入れるのがいいかと思います。

警告、通告は色々入手できる場所がありますが宣告はパック以外だとDMでしか入手できないようです。宣告が最初期のカードであることに関係しているかと思います。宣告はアプデ後は無制限で3枚入れられるので優先度が高いです。

(3月24日追記:新規のVRAINSのストーリーでも入手できるみたいです)

(3月25日追記:神罠の回収はVRAINSチャレンジ「リボルバー 神聖なる天使」でもできるようです。3種そろっているのでおすすめ。

VRAINSチャレンジ「リボルバー」は2種類あるので注意。)

 

用意されたデッキを使う場合は相対的なものになるので一概に言えませんが、自分のデッキを使う場合は基本的にシリーズが新しくなるほど敵のデッキも強くなっていき難易度も上がりますDMが1番簡単なので早く終わらせられ、最初の練習やポイント集めに適しているかと思います。

 

現役バリバリのOCGプレイヤーの方など遊戯王上級者には、DMで入手でできるカードは物足りないものも多いかと思うので、飛ばしていきなりARC-Vでもいいかと思います。

自分の世代の思い入れのあるシリーズがある方も、DMでなくそちらからでもいいと思います。

初心者の方、特にこだわりのない方はDMからをおすすめします。

 

ルートとしては例えば

  1. 剛鬼を作る人は、VRAINS「鳴動のスリーカウント」でサレンダーマラソン
    • 「鬼塚」から剛鬼カード、増援、おろかな埋葬、ツイン・ツイスター、ソウル・チャージ、ワン・フォー・ワンを回収→剛鬼デッキ作成
  2. DMストーリーの表をクリア
  3. アマゾネスを作る人は、GXストーリーを8話まで進みタニアでサレンダーマラソン。「アマゾネス女王」を最低1枚回収できれば終わりにしていいと思います。ポイントに余裕ある人はパック開封のみでもいいです。GXは最低でも無限泡影を入手できる「三沢大地」パックまでは開放する必要があるので、ここで進めておくのも悪くないです。
  4. アマゾネスを作る人は、ここまでに貯まったポイントで孔雀舞パックを開封→アマゾネスデッキ作成
  5. 剛鬼(アマゾネス)デッキなどでDMストーリーのリバースをクリア
  6. DMチャレンジで有用カードを回収
    • 「闇バクラ」から神の宣告、速攻のかかし
    • 「人形」から神の警告、スケープゴート、団結の力
    • 「リシド」から神の警告
  7. 余裕があれば、ここで少し寄り道してZEXALのストーリーを「V」パック開放まで進め、「V」パックから「聖騎士の追想 イゾルデ」を入手。イゾルデで剛鬼(アマゾネス)デッキを強化。
    • 「V」パックで取れる有用汎用カードにコズミック・サイクロン
  8. 剛鬼(アマゾネス)デッキでARC-Vストーリーを表、リバース共にクリア
  9. ARC-Vチャレンジで有用カードを回収
    • 「黒咲隼」から闇の誘惑、簡易融合
    • 「榊遊矢」から強欲で貪欲な壺
    • 「ユーリ」からエフェクト・ヴェーラー、灰流うらら、幽鬼うさぎ
    • 「エンジョイ長次郎」から灰流うらら、浮幽さくら
    • 「ジャン・ミシェル・ロジェ」から命削りの宝札、砂塵の大嵐

のような流れで、極力ポイントの消費を抑えながらひと通りの有用汎用カードを集められるかと思います。

後は作りたいデッキのパックを開ければいいかと思います。

(さくやんがストーリー攻略したのはもう大分前の話で、実際にこのルートをたどって検証した訳ではありません。各人で調整お願いします。)

 

(3月25日追記:

新規追加のVRAINSチャレンジ「ボーマン」でも手札誘発の灰流うらら、浮幽さくら、幽鬼うさぎが回収できます。

先程も書きましたが、神罠も全てVRAINSチャレンジ「リボルバー 神聖なる天使」で回収できます。

急ぐ人はいきなりVRAINSでもいいかもしれません。

VRAINSの敵は結構強いので、個人的にはいきなりVRAINSは進めるのが大変だと思いますが‥。)

 

最初に開けるパックとして、DM「武藤双六」、VRAINS「Playmaker」がよくおすすめされていますが、これはアプデ前の旧ルールでリンクが必須だったという事情も大きいです。アプデ後の新ルールでは、リンクは必須ではありません。

  • 「双六」パックで各属性リンク
  • 「Playmaker」パックでほとんどのリンク

が入手できました。

アプデ後も開封の優先度は比較的高いとは思いますが、必ずしも最初に開ける必要はないと思います。

 

剛鬼デッキをそのまま使っていく人は、VRAINS「Playmaker」パックで汎用リンクを回収してエクストラを強化したらいいと思います。

汎用リンク: リンクボー、トロイメアシリーズ、ニンギルス、ヴァレルロード、ヴァレルソード

 

優先度の高いパック

  • GX「三沢大地」→無限泡影、御前試合、ダイナレスラー・パンクラトプス
  • ARC-V「赤馬零児」→墓穴の指名者、壊獣(さくやんは開けたのは少し遅かったです)
  • VRAINS「Playmaker」→汎用リンク、砂塵の大嵐
  • VRAINS「ブルーエンジェル」→強欲で金満な壺、ライトニング・ストーム、魔鍾洞、大捕り物
  • DM「武藤双六」→各属性リンク、センサー万別、魔封じの芳香、強欲で謙虚な壺(このパックだけ値段が他の半額)

 

  • 関連記事 武藤双六パックで作れるデッキ
[遊戯王LotD] デッキレシピ 墓守(初心者向け)
...

どちらかと言うとストーリー攻略よりランクマッチ向きなデッキです。もちろん、ストーリー攻略に使っても問題ないです。

  • 関連記事 センサー万別を活用したデッキ
[遊戯王LotD] デッキレシピ サブテラー(中級者向け)「導師ビート導師抜き」
...

 

ARC-Vチャレンジ開放の段階まできた人には、真竜デッキもおすすめ

(デッキレシピはアプデ後のものです)

[遊戯王LotD] デッキレシピ 真竜(初心者向け)「教えて真竜先生」
...

こちらの記事は、自分がややこしく感じたルールについても全てまとめて解説してあります。

初心者の方は一度読んでみてほしいです。

 

  • GX「天上院明日香」は神罠が全て入っていますが、神罠はチャレンジでも回収できます。
  • 5Ds「龍亞/龍可」は手札誘発が入っていますが、多くはARC-V、VRAINSチャレンジで回収できます。屋敷わらしだけはこのパックを開ける必要があります。

BATTLE PACKはおすすめしない

BATTLE PACKの開封は、個人的にはあまりおすすめしません。というのも、このパックに入っているカードは、全て他のパックでも手に入るからです。

「そのパックでかしか入手できないカード」を取る過程で、各パックを開けることになるので、その時にBATTLE PACKに入っているカードも入手できます。

そのため、カードを全て集める前提の長い目で見ると、BATTLE PACKの開封はポイントの無駄になってしまいます。

BATTLE PACKは、主な収録内容として古い時代の遊戯王の主力級カードを集めたパックです。そのため、このパックに入っている有用なカードは禁止カードが多いです。

このパックを開けなくても、DMのストーリーを全て終わらせれば

  • 強欲な壺
  • 天使の施し
  • サンダーボルト
  • ブラックホール
  • ハーピィの羽根箒
  • 使者蘇生

といった初期の強力な禁止・制限カードはひと通り全て集まるかと思います。

さくやんも序盤に「おー、このパック強いのいっぱい入ってる」って結構開けたのですが、後から振り返ると「あれはポイントの無駄だったかも‥」となりました。

開けるのは「多少のポイントの無駄は気にしないから、どうしても早めにここに収録のカードが欲しい」って人だけでいいと思います。

 

禁止エクゾのレシピの、処刑人マキュラが欲しくて開けた人もいるかもしれませんが、処刑人マキュラはDM「城之内克也」パックにも入っています。

参考デッキレシピ

アマゾネス

先程の動画のアマゾネスデッキ。

序盤に入手できるカードだけで作ってあります。制限守ってるので、無視する人は適当に追加してください。

  • カードが集まった後に作ったデッキの解説記事
[遊戯王LotD] デッキレシピ アマゾネス(初心者向け)
...

 

GXストーリー「タニア」 デッキレシピ

GXチャレンジ「タニア」 デッキレシピ

 

エクゾディア

さくやんのエクゾディアデッキは最終的にこんな感じでした。

序盤に入手しやすいカードだけで作ってある訳ではないので注意。

動画


エクゾディアパーツは3積みだと来すぎて事故り、1積みだと確実性は増しますがデッキを最後まで掘らないといけないことも増えて結局時間がかかるので、間を取って2積みにしました。

 

処刑人マキュラも強いですが、王立魔法図書館を使うなら全部魔法にしてしまうのもいいかなとこの形にしました。

(3月16日追記:マキュラさん4月からの新ルールに伴うエラッタで、効果がターン1になるみたいですね。だとすると、マキュラ使わないこの型も今後は悪くないかも。)

(3月24日追記:このゲームにはマキュラのエラッタは適用されないことが判明しました)

  • 関連記事
[遊戯王LotD] アプデがきました
...

 

闇の誘惑とワンダーワンドのどちらのコストにもなれるジェスター・コンフィーとサモンプリーストを採用。サモンプリーストで王立魔法図書館を持ってきます。

パーツは2積みなので、闇の誘惑のコストにすることもできます。

天使の施しで手足を2枚捨てて、闇の量産工場で回収する動きが強いかなと思いました(動画中、手足の何を捨てたか忘れて、お恥ずかしながら何度も墓地を確認しています)。

この形が1番いいと言っている訳ではないので、参考程度にお願いします。

 

(追記:そういえば、無の煉獄はアプデ後は制限でしたね)

  • 関連記事 無の煉獄をネタにした記事
[遊戯王LotD] 遊戯王TCG(海外) 1月制限 感想(ネタ有り)
...

 

  • 関連記事 ストーリー攻略やポイント稼ぎには他にもこちらの記事のデッキがおすすめです
[遊戯王LotD] ストーリー用 おすすめ1キルデッキ
...

 

  • 関連リンク YouTubeのさくやんのチャンネル
さくやんの遊戯王LotDチャンネル
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました