[遊戯王LotD] 遊戯王TCG(海外) 2020年1月制限改定

海外の遊戯王TCGでの2020年1月の制限改定については、日本では取り上げている人は少ないかなと感じたので、今回記事にしてみました。

まだ知らない人もいるのではないでしょうか。

初めて見る方には、特に禁止カードリストは衝撃的かと思います。

 

遊戯王LotDではアップデート後に、これらと日本のOCGの禁止・制限で厳しいほうが適用されるかと思います

(XboxOne/PS4/Steam版含む)

ただし、4月の新ルールの施行時に、OCGでもTCGでもおそらくは大規模な禁止・制限の変更が発表されると思うので、これで確定ではありません。

 

禁止カード

オルフェゴール・ディヴェル

デッキから墓地に送るカードがあれば、1枚でも機能するため制限では意味がないと判断され禁止に。

OCGでは現在 準制限カード

 

超雷龍─サンダー・ドラゴン

この規制でサンダードラゴンの環境落ちはほぼ確定に。

OCGでは現在 制限カード

 

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム

リンク必須の新マスタールールでの救済カードだったため、ルール変更に先がけての規制。

環境で活躍しているエンディミオン規制の一環。

OCGでは現在 制限カード

 

星杯の神子イヴ

TCGではハリファイバーは2020年3月に発売のパックでようやくの収録予定。

一緒に使われる前に禁止に。

TCGは人気がありそうな美少女キャラにも容赦なし。

OCGでは現在 無制限カード

 

マジックテンペスター

エンディミオンや魔導獣の登場で、簡単にワンキルできるバーン火力を出せるようになったため規制。

OCGでは現在 無制限カード

 

外神アザトート

OCGでも1月に禁止に。

TCGでは入れ替わりでRUM─幻影騎士団ラウンチが無制限に緩和。

OCGでは現在 禁止カード

 

転生炎獣ミラージュスタリオ

前例として同じく素材縛りなしのランク3エクシーズでデッキからの特殊召喚ができる

  • M.X-セイバー インヴォーカー
  • 発条空母ゼンマイティ (OCGのみ緩和)

が禁止カード。

OCGでは現在 無制限カード

 

ブリリアント・フュージョン

新ルールでは融合モンスターはメインモンスターゾーンに出せるようになり、このカードはより扱いやすくなるため、それに先駆けての規制。

1枚で何枚分も役割が果たせるパワーカードとして色々なデッキに出張されていた。

遊戯王LotDでは主にサンダードラゴンに使われていた。

OCGでは現在 無制限カード

 

閃刀起動―エンゲージ

1枚が2枚になる禁止カードの強欲な壺と同じ働きなため禁止に。

TCGでは入れ替わりでカガリが無制限に。

OCGでカガリが制限のままだった場合、両方からの規制により厳しい状況になる可能性も。(3月4日追記:アプデ後はカガリ制限に決まりました)

TCGは人気がありそうな美少女テーマにも容赦なし。

OCGでは現在 準制限カード

制限カード

未界域のネッシー

TCGで準制限だったものが、さらに厳しく制限へ。

OCGでは現在 無制限カード

 

ダイナレスラー・パンクラトプス

サイドデッキの常連が制限に。

OCGでは現在 準制限カード

 

サーヴァント・オブ・エンディミオン

エンディミオンで初動に使うカード。

エンディミオン規制の一環。

OCGでは現在 無制限カード

 

真竜皇リトスアジムD

TCGで恐竜真竜皇への規制として、2017年9月に禁止カードになっていたのが緩和。

OCGでは一度も規制されていない。

OCGでは現在 無制限カード

 

命削りの宝札

TCGは本当にドロー効果に厳しい。

このカードを有効に使おうとすると、モンスターを減らした専用構築が求めらる。

1枚では機能しないため、このカードを主軸とした命削り型のデッキは今後見られなくなるかと。

OCGでは現在 無制限カード

 

ドラゴニックD

OCGとは逆に、TCGではずっと無制限。

OCGでは禁止だったのが最近緩和。

OCGでの規制に合わせる形で制限に。

OCGでは現在 制限カード

 

無の煉獄

エンディミオンで、成金ゴブリンの代わりとして魔力カウンターを貯める目的に使われていた。

OCGでは現在 無制限カード

 

貪欲な壺

TCGで禁止だったものが緩和。

TCGでドローソースが緩和されるというのは珍しい。

OCGでは現在 無制限カード

 

雪花の光

このカード3枚以外全てモンスターの構築のデッキ「ほぼフルモンスターデッキ」に採用されていたカード。

上の命削りの宝札と同じく、1枚では機能しない。

フルモンスターにする意義が薄くなり、今後はあまり見られなくなるかと。

OCGでは現在 無制限カード

 

レッド・リブート

OCGより更に厳しい制限に。

OCGでは現在 準制限カード

準制限カード

深海のディーヴァ

OCGでも同じく2020年1月に深海の販売促進のため緩和。

OCGでは現在 準制限カード

 

魔界発現世行きデスガイド

OCGと合わせた緩和。

OCGでは現在 準制限カード

 

精神操作

OCGと合わせた規制。

OCGでは現在 準制限カード

無制限に緩和されたカード

レディ・デバッガー

環境デッキだと主にサラマングレイトに使われていたカード。

転生炎獣ミラージュスタリオが禁止になったため、バランスを取るため入れ替わりで緩和。

OCGでは現在 準制限カード

 

ダーク・アームド・ドラゴン

登場が5期の古いカード。

OCGでは2008年9月に初めて準制限に規制され、その後制限と準制限を行き来し、2019年10月に11年振りに無制限に緩和。

OCGから遅れてTCGでも緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

カオスポッド

登場が2期のかなり古いカード。

OCGでは2005年3月とかなり以前に制限解除。

TCGではデッキ破壊1キルの無限ループが問題視され、2014年3月からずっと禁止。

環境のインフレで、問題ないとされ今回緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

Emダメージ・ジャグラー

2016年1月に禁止になったカード。

OCGでは制限、準制限と段階を経て2019年4月に無制限へ緩和。

TCGでもOCGから遅れての緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

閃刀姫─カガリ

TCGでは閃刀起動―エンゲージが禁止になり、それと入れ替わりで緩和。

このカードが規制されていたのは、エンゲージを再利用できることが大きかった。

(3月4日追記:アプデ後はカガリ制限に決まりました)

OCGでは現在 制限カード

 

月の書

OCGでは2016年4月に無制限に緩和。

TCGでもOCGから遅れての緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

RUM─幻影騎士団ラウンチ

TCGでは相手ターンに外神アザトートや真竜皇V.F.D.を出して制圧する動きが問題視され2019年4月に禁止カードに。

今回外神アザトートが禁止カードになったため、入れ替わりで無制限に緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

神の警告

神罠シリーズはこれで、OCGとTCGの両方で全て緩和。

OCGでは現在 無制限カード

 

ソウルドレイン

征竜が環境だった時期に、そのメタとして有効だったためTCGでは制限に規制。

放置されていたのが今回ようやく緩和。

OCGでは一度も規制されていない。

OCGでは現在 無制限カード

 

同族感染ウィルス

3期に登場したかなり古いカード。

OCGでは2006年3月に禁止カードになり、12年後の2018年に制限解除。

TCGでもOCGから遅れての緩和。

サンダーボルト、ブラックホール緩和からの流れ。

 

感想

感想は別記事にまとました。

[遊戯王LotD] 遊戯王TCG(海外) 1月制限 感想(ネタ有り)
...

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました